PLASTOC の遺言 第1回 沈黙のプラストック

こんばんは、プラストックです。

始まりましたね、連載第1回目です。さくっと書いてしまうつもりが結構悩んでごりごり書きました。第1回でこんなことなら、今後回を重ねていくとどんなことになるか、かなり不安です。

第1回は、0回のときにぼかしていた配信の休止について書きます。


配信を休止するまで

配信を休むことにした理由は、言葉で言い表すのは難しいのですが、なるべく分かりやすく表現するなら、配信に限界を感じたから、です。

誤解のないようにあらかじめ言っておくと、視聴者のせいではありません。確かに、もっと視聴者がいたら配信休んでなかったかもしれないですけど、それは結果のお話であって、原因は視聴者を引き留められなかった私にあるし、どこの配信を見に行ってもいいのに一度でも私の配信を見に来てくれた視聴者に責任をなすり付けるのもお門違いですから、これを読んでいる視聴者各位は何の引け目も感じる必要はありません。

私の配信は昔から基本的に視聴者がいないので、一人で話すか黙るかを選択する必要があります。ただ黙ってるだけの配信なんて超絶つまんないですから、ちゃんと配信しようと思ったら自動的に独りで話さなければならなくなります。

勘違い野郎上等で明かしますけど、自分の配信以外はみんなゴミで、うちの配信が一番楽しいと思っていたときが、私にもありました。私の配信の楽しさをたくさんの人にわかってほしかったし、視聴者に楽しかったって思ってもらえる配信者になりたかった。ネットに革命を起こしたかった。昨日までの非常識を常識にしたかった。なんか最後のほうは訳がわからない共産主義者みたいな感じになってしまっていますが、別に黒歴史だとは思っていないので、正直に書きます。

そういう根拠のない自信に満ちあふれていた頃は、コメントがなかろうが視聴者がいまいが関係なく、ずーっとマシンガントークして、それでも結構楽しかったんです。しかしあるとき突然その熱は冷めてしまいました。そのときの私にとってはかなりセンセーショナルな出来事で、しばらくの間は思考の変化に戸惑うこともありましたが、結局普通に成長して考え方が洗練されただけだったのでしょう。

それでもときどき視聴者が来てくれたときは楽しかったので惰性で配信を続けていましたが、あるときからあまりにも無人になることが多くなって、それが耐えがたくて日に日に配信の頻度は減っていきました。「もう私は配信が受け止められる許容範囲を超えてしまったんだな」と、配信の限界を知りました。自分自身が楽しむために配信していたのに、いつの間にか配信をしているほうがかえって退屈していることに気がついて、それからまもなく休止に至りました。


休止してから

頑なに形だけの配信者を続けてきて、ずっと休止することなんて考えられなかったのに、一度やめてみたら想像以上に気持ちが楽になって、そのまま休んでいます。

休止中は、言うなれば「バーチャル引きこもり状態」で、配信もせずブログも書かず、ときどき 2ch に書き込みをするくらいで、アウトプットのほとんどない生活をしていました。

すぐに退屈するかな、と思いましたが思いのほかそんなことはなかったです。ニュースリーダーにたまっている記事を読んだり、ネットの連載コミックを読んだり、YouTubeAmazon プライムビデオの動画を見たり、オンラインゲームで遊んだり、ひたすら消費するだけの日々を送っています。

さいきんのネットはつまらなくなった、と思ってましたけど、あれは間違いだったんだなと思います。自分の観測範囲の問題で、探し方がへたくそだからつまらなかっただけだったのだと。

前から言っているとおり、配信を嫌いになった訳ではありません。ニコ生に新機能が付いたら枠取ってみたり、ぽまえら元気にしてるかなーってときどきお知らせを更新したり、何かあったらこうして大本営発表してみたり、本気で配信嫌いになったらこんなことしません。

しばらく休んで、落ち着いて、何かきっかけがあればまた、不定期でも年に一回でも、配信したいと思っています。


次回は、プラストックの持つ配信のこだわりについてお伝えします。お楽しみに。

プラストックでした。

広告を非表示にする

プラストック宣言

こんばんは、プラストックです。

今日も今日とて、「はあ(クソデカため息)、書くことねえなあ・・・」と苦悩していましたが、このブログは (一応) プラストック9周年企画としてスタートしたことを思い出しました。

ということで、私プラストックと配信についてのことを書いていきたいと思います。連載タイトルは、もともと使うはずだったニコニコのブログに付けたタイトルを取って、「PLASTOC の遺言」にしました。このタイトル、実は結構気に入っています。

配信9周年ではありますが、皆さんご存知の通り私の配信は事実上の活動停止状態にあります。配信の代替としてブログを開設したと思われているかもしれませんが、実はまだ定期的に配信をしていた頃からブログをちゃんと更新したいと思っていました。配信をしていると、ブログにちまちま書くより配信で喋ってしまったほうが早いし楽なので、いちいち記事書くのがめんどうだからブログが書けずにいるのだと、そのときはあまり深く考えずにいました。

それからいろいろあって配信をお休みして、時間ができたのでずっとやりたいと思っていたブログでもやろうかと思って始めたはいいものの、まったく書けませんでした。どうしてなのか考えれば考えるほど、頭の中がごちゃごちゃになってわからなくなってしまって。ようやくの好機到来なので、いろいろ考えていたことをブログに書いて、自分自身の考えと気持ちの整理をしたいと思います。

また、断言はできませんが、プラストックとしての活動もなんとなくこのままフェードアウトするような気がしています。最後にどうなってもよいように、皆さんに「結局プラストックとは何だったのか」ということも合わせてお伝えしたいと思います。

こういう自叙伝的な文章は、時系列で古い方から書いていくのが定番だと思いますが、この連載は時系列にはしません。時系列に書くと無駄に長くなりそうだし、私の文才では時系列だとかえってわけがわからなくなりそうなので、一話完結型でさくっと書きたいと思います。

連載は、0回を飛ばしての全5回となります。週に1回のペースで更新していきます。連載第1回は、配信を休止するに至るところから休止期間中の過ごし方について語ります。お楽しみに。

プラストックでした。

広告を非表示にする

かなり無理して書いた

こんばんは、プラストックです。

何にもない。書くことなんにもない。困ったなあ。

やってみて初めて分かることもあるのではないか、と思って始めたブログだけど、早くも2記事目で挫折しそうです。

「書くことがないなら、書くことがないことについて書けばいいじゃない」という素晴らしい意見も、私にとってはあまり参考になりません。

どんなに頑張って書いても、書いているうちにどうでよくなって、投稿しないで終わります。力みすぎているのがよくないかもと、ゆるい気持ちで書こうとしても、あまりのゴミ文章がいやになって、投稿できません。

なんて言えば伝わるんですかね。どんなにおっきい数でも、0を掛けたら最終的にゼロになっちゃうじゃないですか、そんな感じです。手を変え品を変え何を書こうか考えても、後から掛ける気力というかやる気というか、そういうもののせいで導き出される答えがゼロになります。算数苦手なので、例えが分かりにくかったらごめんなさい。

もうね、これを伝えるだけでもやっとですよ。ゼロをゼロではなくすることってすごく難しい。慣れれば簡単なのかも知れないけど、慣れるのがいやです。慣れたら慣れたでまたどうでもよくなるんですけど、慣れるために努力するというのがいや。今までやってきたことを否定してる感じがする。たぶん考えすぎですけど、でも変化することに恐怖する人は結構いるのではないかと思います。

もういい加減いろいろ考えるのも疲れたので、今回はこのゴミ文章を投稿します。読んでる人いないと思うけど、万が一いたときのために謝っておきます。こんなゴミ文章でごめんなさい。こんなゴミブログでごめんなさい。

広告を非表示にする

10年目のこれから

こんばんは、プラストックです。ぽまえらおひさ。

4んだと思った? 残念、生きてました。昔からときどきふらっと音信不通になることがあったんですけど、何か月沈黙を貫いても全く心配されません。プラストック死亡説とか流してくれてもいいのに。

配信関係の記事は分けて書きたかったので、新しくニコニコでブログを作りました。よそのブログだとぽまえらどうせ見に来ないし。そもそもこの記事も読まれるか怪しい。あと、現在メインブログは都合により閉鎖中です。

さいきんすっかり配信のほうはご無沙汰していますが、なんとなくでこれと言った理由は特にありません。前は過疎っててもお構いなしに枠取って、3時間くらい無言でもはやバックグラウンドではなくなった bgm を垂れ流したりしてましたけど、あれ結構精神的に消耗するので、もうやりたくないです。

突然ですが、私もとうとうニコ生デビューから9年が経ちました。今年は10年目を迎えます。過疎り続けて早十年。記念すべき10年目ですが、今のところ何か特別なことをする予定はありません。でも配信を嫌いになったわけではないし、もちろん皆さんのことも嫌いにはなってないですよ。むしろ、配信中に私を無言の重圧から解放してくれたことをありがたく思っています。

配信していたときは、ここで諦めたら今まで頑張って続けてきたことが全て帳消しになってしまうような気がしていたけど、思い切ってやめてみたら積み重ねてきたものなんて何もなかったことに気がついて、もう精神を無駄に削る必要もないと思ったら、すごく気持ちが楽になりました。というか、いままでがおかしかったんだと思います。改めて考えてみると、配信にしがみつく理由も思いつかなくて。私の今までの9年間はなんだったんだろうって思うんですけど。人間時間が経てば考えだって変わるので、きっと配信を始めたばかりの頃の私にはちゃんと配信したい理由があったのでしょう。いつの間にかそれが無くなっていて、それに気がつかないまま今まで時間が経ってしまいました。「成長した」というと聞こえがいいので、そのようにしておくことにします。

さいきんのニコニコは、なんだかずいぶんとアクティブですね。前は冗談で「運営4ね」とかいってたけど、さいきんの必死過ぎるドワンゴを見てるともう暴言は吐けません。言ってたら本当に死んじゃいそうだから。角川と M&A だか提携だかしているので、本当に4ぬことはないと思いますが、それでもなんとなく氏ねって言うのはかわいそうで気が引けます。ニコニコ動画(く) の発表会のあと、いろんな人がいろんな所でいろんな事を言っていましたけど、その様子を見てる人が、やっぱりまだまだニコニコは愛されてるんだな、って言っていたのが印象的でした。私もなんだかんだでニコニコが好きなのかもしれないです。だからこうしてときどきふらっとニコニコに帰ってくるし、何周年とかも律儀に祝いたくなります。

10年目の記念にブログを始める、というのもありといえばありなのでしょうか。今回さも「新規開設しました~wwww」みたいな雰囲気で書いてますけど、実は前にブロマガ作るだけは作ってました。ID とられたくなくて。でもブロマガってこの上なく使いづらいから全然使ってませんでした。デザインもダサいし。コメント欄も閉じられないし。

「エリート過疎のくせにコメント欄閉じるほどコメント来る自信あるのかよ」って突っ込まれそうですけど、違うんですよ。滅多にコメントが来ないからこそ、コメントが怖いんです。だって、たまによこされたコメントがひたすら正論でマサカリ投げてきたら、心臓が蜂の巣になっちゃうじゃないですか。私の豆腐メンタルを甘く見ないでいただきたい。

ブログなら wordpress とかでちゃんとやりたいですし、掛け持ちするほどまめじゃないからそれはたぶんできません。だからメインブログが復活したら、たぶんこっちのブログの更新は止まります。

というか、ブログに書くことがなさ過ぎる。みんなよく毎日のように更新できるよね、私には無理です。今回は「9周年ですぱんぱかぱーん」みたいな明確な主題があるかららいいけれど、こんなこと滅多にないですし。配信で「今日もとくに話すことはありません」と言っていた頃となにも変わっていないことを痛感します。相変わらずの己の空虚さを実感した9周年でした。

今後のことについてですが、このブログはしばらく更新するつもりだけれど、さっきも書いたように、メインブログの設立が終わったらこちらの更新は恐らく止まります。その後のことは何も考えていません。このブログを統合するかもしれないし、なにも告げることなく失踪するかもしれないし、あるいは他の展開になるかもしれません。でも、今これを読んでくれている人は、いろいろあった中で今まで応援してくれた人ということになるので、思ったことを落ち着いて自分の言葉で語りたいと思います。

短いお付き合いにはなるかと思いますが、悪いようにはしません。よろしくどうぞ。

プラストックでした。

広告を非表示にする

test

hello, world

広告を非表示にする