当ブログ終了のお知らせ

こんばんは、管理人です。

長らく放置してまいりました。久方ぶりの更新です。

管理人は昨年、ブログ武者修行のため、wordpress からはてなブログにやってきました。とくにお知らせはしていなかったのですが、年が明けてからは、もとの wordpress に回帰しています。

今までに書いた記事は、たいした記事はありませんが、消してしまうのもこのまま放置しておくのももったいないので、元のブログに移しました。はてなブログには何の未練も無いので、元のブログをリンクすることはしません。

修行の地としてはてなブログを選んだのは、何かと話題のはてなブログを使ってみたかったからです。結論からいうと、あんまりいいことはありませんでした。もしかしたら毎日更新などしていたら、印象も変わったのかもしれません。

本当は、このまま何も言わずにフェードアウトするつもりでいましたが、最後にちゃんと挨拶代わりの記事を書くことにしました。管理人はいままでに何度もブログを作っては、しばらく放置して消すというサイクルを繰り返してきました。今回もそれでもよかったのですが、エアブロガー十年選手として、もうそういうことはしちゃだめだって思ったので、幕引きのためにちゃんと記事を書きます。

今まで何度もブログを作成してきましたけれど、特に何か目的があったわけではありませんでした。マネタイズとかマーケティングなんていうものはもちろんありませんでしたし、とくに主張したいこともありません。このブログも例に違わず、ノープランで作成されたものです。

そんな「ザ・ノープラン」な私ですが、最後に伝えたいことができました。「ブログを書いてるけれど、あんまり楽しくない」と思うことは、間違ったこと、悪いことではないのです。

私は一日の大半をインターネット (とくにWEB) で過ごしていますが、ウェブ上では、ブログを至高の存在として絶対視するように肯定する意見が見受けられます。確かに、情報の発信をしたり、収益を得たり、あるいは単に趣味として楽しむために、ブログを上手に利用することができている人はたくさんいます。

しかし、ブログを書くことがその人にとって必ず有益な行為となるかは、一概に言えるものでは、たぶんありません。どんなに努力や妥協を重ねたとしても、その人にとっては、無条件でブログが無用の長物と化してしまうこともあります。これは、何かが悪いわけではありません。ただ、水が合わなかった、というだけです。

「ブログが有益だ」というのは、決して嘘ではありません。ブログを肯定している人たちにとっては間違いなくブログは有益で、その人たちはそれを伝えているだけです。一方で、ブログが有益じゃなかったよという人たちの意見は探してもなかなか見つかりません。ブログに肯定的でない人たちは、そう結論付けた時点でもうブログを書くことをやめているでしょうから、死人に口なし状態で、そういった意見が表に出てくる機会は少なくなります。そうすると、目に見える情報として、ブログを肯定する意見のほうが多くなります。

私はおそらく、ブログが合わないタイプなのですが、それとは気づかずに、ブログを作っては違和感を覚えてやめるということを繰り返してきました。ウェブではブログを肯定する意見ばかり目にしていたので、なんとはなしに、「ブログ=サイコー」という等式を、自分の中で作り上げていました。でも、表に出てきていないだけで、「ブログ=イマイチ」という等式もどこかにあるはずなんです。私はそのことになかなか気がつけずに、いろいろなことで悩んでしまいました。検索して出てくることの中に絶対答えがあると思い込む私の性格にも問題はあるでしょうけれど (というか、こっちのほうがむしろ問題な希ガス)。

私はブログで成功したわけではなく、むしろ失敗して死にかけているのですが、だからきっと、私のこのメッセージもほとんどの人には届かないことでしょう。もし、この記事を読んでいる人で、ブログについて悩んでいる人がいるのなら、「ブログ=イマイチ」という等式も存在することを知ってほしいと思います。つらくても面倒でも、ブログを続けていこうとするのは素晴らしいことですが、もし二進も三進もいかなくなったら、別の等式の存在を思い出してみてください。

それでは皆様、よいブログ生活を。

管理人

広告を非表示にする

test

hello, world

広告を非表示にする