読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋の訪れとブログの難しさ

日記

こんばんは。オンライン放浪癖のある管理人です。

久しぶりの更新ですね。夏休みが終わって二学期が始まったので記事を書く時間がとれませんでした(適当)
今回投稿するに至ったのは、はてなから「ずっと放置してるみたいですけど、そろそろ更新しません?」的な催促メールが来たからです。うっとうしいと思うひともあるかもしれませんが、私はこのシステムは結構好きです。私の文章を待っている人などたぶん誰もいないでしょうけれど、あのメールが来るだけで、すこしだけ動機付けられますから。


いつの間にかもう9月もお終いですね。本当は今年の夏の思い出でも書こうと思っていたのですけれど、それもできませんでした。夏の思い出なのですから夏が終わってからまとめるのが普通なのでしょうけれど、もう終わってしまったことですから熱もさめていて結局できあがりませんでした。

もう秋ですね。夏休みが終わって、十五夜も連休も終わって、これからまた普通の日々が戻ってくると思うと気持ちが沈みます。
今年もうちの庭にあるキンモクセイの花が咲き始めて、窓を開けていると家の中はキンモクセイの甘いいい香りでいっぱいになります。その香りをかぐたびに、今年ももう本格的に秋が訪れるのかとセンチメンタルな気分になります。


気がつくと、もうひと月も記事を投稿していませんでした。とくに忙しくはありませんでしたけれど、書きたいこともなかったので。このブログはマネタイズもブランディングも目的としていない道楽ブログなので、好きにやろうと思っています。

私は、何か目的があってブログをやっているというわけではありません。広告収入を得たいとか、他のブロガーと交流したいとか、何か情報を発信したいとか、そういうのはありません。

とくに目的もなくブログをやっている理由は、楽しそうだからです。
私が初めてブログを作ったのはもう10年くらい前になります。それから作っては消し、作っては消しを繰り返して今に至ります。
残念ながら、その10年の中でブログを楽しいと思ったことはほとんどありません。しかし、目的なんてそう簡単に達成できるものではないし、何より作業感がでてきてしまってそれはそれで楽しくないのではないかと思います。こうなると、何がなんでもブログは楽しくないと主張してしまっているようですがそんなつもりはなく、楽しそうにブログをやっている人がいることは事実です。

このひと月も、ブログに書こうと思えば何かしら書くことはできましたけれど、書きたいと思うことはありませんでした。私は言葉を使うのが得意ではないですから、ブログはまったく向いていないのかもしれませんけれど、それでもまた始めたくなる何かがブログにはあるようです。

すっかりブログを持て余してしまっているようですけれど、何か書きたいことができたときにいつでも書くことのできるプラットフォームを所持しているというのは心強いことと思います。
とりあえず、今後も試行錯誤していくつもりです。いつかブログを書くことが楽しみの一つになる日が来ると嬉しいのですけれど。

保存

保存

広告を非表示にする