かなり無理して書いた

こんばんは、プラストックです。

何にもない。書くことなんにもない。困ったなあ。

やってみて初めて分かることもあるのではないか、と思って始めたブログだけど、早くも2記事目で挫折しそうです。

「書くことがないなら、書くことがないことについて書けばいいじゃない」という素晴らしい意見も、私にとってはあまり参考になりません。

どんなに頑張って書いても、書いているうちにどうでよくなって、投稿しないで終わります。力みすぎているのがよくないかもと、ゆるい気持ちで書こうとしても、あまりのゴミ文章がいやになって、投稿できません。

なんて言えば伝わるんですかね。どんなにおっきい数でも、0を掛けたら最終的にゼロになっちゃうじゃないですか、そんな感じです。手を変え品を変え何を書こうか考えても、後から掛ける気力というかやる気というか、そういうもののせいで導き出される答えがゼロになります。算数苦手なので、例えが分かりにくかったらごめんなさい。

もうね、これを伝えるだけでもやっとですよ。ゼロをゼロではなくすることってすごく難しい。慣れれば簡単なのかも知れないけど、慣れるのがいやです。慣れたら慣れたでまたどうでもよくなるんですけど、慣れるために努力するというのがいや。今までやってきたことを否定してる感じがする。たぶん考えすぎですけど、でも変化することに恐怖する人は結構いるのではないかと思います。

もういい加減いろいろ考えるのも疲れたので、今回はこのゴミ文章を投稿します。読んでる人いないと思うけど、万が一いたときのために謝っておきます。こんなゴミ文章でごめんなさい。こんなゴミブログでごめんなさい。

広告を非表示にする